洗濯機置き場をDIYしてみた

こんにちは!
久しぶりの投稿です。

引っ越ししてから早いものでもうすぐ2年が経とうとしてます。
壁掛けテレビボードのDIYに初挑戦!」の後に洗濯機置き場をDIYしたのですが、写真も撮ってなく記事にすらできてませんでした。
少し前に洗濯機の修理が必要になり、その際に写真を撮り直したので、我が家の洗濯機置き場の素人DIYをご紹介したいと思います。

ビフォーは何の変哲もない賃貸によくある洗濯パンです。

まずは洗濯パンより少し高めで、洗濯機本体より低いぐらいで余った廃材で適当に土台をつくりました。

洗濯パンと壁の間にスキマがあるので、これらを並べます。

この上に細かく採寸・切り出し、テレビボードで使用した余った壁紙を貼った板を乗せます。

正面側にも貼るのですが、お風呂の入口の枠に合わせた奥行きにしたので、パンとの間にペットボトルのキャップをかませました。
廃材でもよかったのですが、たまたま落ちてたキャップがちょうどサイズがよかったんです。

廃材でつくったので、幅が足りてなかったのですが、この分も壁紙の柄を合わせて跡づけ。

これでパンの覆いは完了です!

次は洗濯機と壁の間に棚を作ります。
箱をスライドできるようにしたかったので奥行きの違う板を切り出し、角も丸くして面取りします。
下段の板の裏面には雑巾をかけれるようにバーを取り付けました。

これらを100均で買った短い突っ張り棒で固定します。

サイズの合うカゴをいれて、引き出し式にできました〜。
ここに下着は収納してます。
ちなみにトランクス派です。(聞いてない)

さらに洗濯機上のスペースもDIYしていきましょう〜。

突っ張り棒を使って、グリーンを巻き付けます。
ちょっとした棚をつくるので、突っ張り棒2本で土台をつくります。
今回は「突っ張り棒が落ちない君(小)」を使ってみました。

タオルなどを入れるカゴを2つ、J型のフックを結束バンドとボルトネジで取り付けます。
カゴはこちら

突っ張り棒に引っかけると、ちょうどいい感じの角度で傾きます。

「突っ張り棒が落ちない君」の高さに合うよう、突っ張り棒の上に余った廃材で高さを合わせます。

仕上げはL字につくったカバーをかぶせて、タオル収納の出来上がり〜。

ランドリーボックスを置くスペースもないので、洗濯機の上に雑に置いて一通り完成です。

洗濯機右のスペースには下から「珪藻土(けいそうど)バスマット&体重計スタンド」を置いて収納。
中段は下着入れ、上段には洗剤ボールが入ったランドリーボトル。
洗濯機上の棚には柔軟剤とか置いて、カゴにはハンドタオルなどをいれてます。
強いて言うなら、左のコンセントを見えなくするかオシャレにしたいんですけどアイデア募集中。

ランドリーボトル(キャニスター)シャンプーポンプボトルなどはモノトーンさんのでシール貼って統一してます。

作成からだいぶ時間が経ち、再組み立て時の紹介になりますが、
皆さんのDIYライフの参考になれば幸いです。

さて、次は何をDIYしようかなぁ〜。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください